家をボロボロにされる前にシロアリ対策【業者に依頼するのが一般的】

保証と補償が受けられる

シロアリ被害

業者に依頼するとき

木造住宅においては、シロアリ被害に遭う可能性があります。最近の建築用の木材には、シロアリの害を防ぐように加工が施されたものもあります。一般の木材よりも高いので、利用はその時によって異なるでしょう。又永久に影響が抑えられるわけでもないでしょう。実際に発生が認められると、既にそれなりに被害が出ている可能性があります。ですから被害が出る前にシロアリ対策をした方がいいでしょう。新築住宅なら一定の保証が付いているときもあります。業者にシロアリ対策を依頼すると、多くの場合に5年保証などの保証が付きます。これは、施工をした後に5年以内にシロアリの害が出た時に、無償で再度施工をする保証になります。きちんと施工をしていれば出ないはずでしょうが、出た時にはその保証に基づいて施工をしてもらえます。すべてにおいて5年保証ではなく、程度によってはもう少し短くなるときがあります。かつては10年保証などもあったようですが、最近は5年以内になっています。シロアリ対策をしてもらって、補償が受けられるときがあります。これは、シロアリ対策をしてもらったにもかかわらずシロアリの被害を受け、住宅が損壊をしたときにその損害分を補償してくれる仕組みです。単にシロアリが発生するだけでなく、発生したことで損が起きた時には損害賠償請求ができます。業者の多くはその時のために損害保険に入っているようで、そこから補償されるケースが多いです。対策後に起きた問題部分のみの修繕費になります。

Copyright© 2018 家をボロボロにされる前にシロアリ対策【業者に依頼するのが一般的】 All Rights Reserved.